バックグラウンドサービスとしてラズベリーパイでPythonを実行する

Listen to Podcast of the post
Voiced by Amazon Polly

起動時にラズベリーパイのバックグラウンドサービスとしてPythonプログラムを実行する方法はたくさんあります。 私たちは、systemdメソッドを使用します。

以下のようにサービス用の.serviceファイルを作成します。

sudoナノ/lib/システム/システム/helloworld.サービス

以下のテキストを追加します。

[ユニット] 説明 = Hello World サービス後 = マルチユーザー.ターゲット [サービス] タイプ = アイドル実行開始 = / usr/bin/python /home/pi/helloworld.py ユーザー = pi [インストール] 要求 = マルチユーザー.ターゲット

nano エディターを保存して終了します(Ctrl + X キーを押します)。ユニットファイルに対する権限は 644 に設定する必要があります。

sudo chmod 644 /lib/システム/システム/helloworld.サービス

次のコマンドを使用して、システムマネージャの設定をリロードします。

sudo システム ctl デーモンリロード

次のコマンドを使用してサービスを開始します。

sudo システム ctl を起動します。

次のコマンドを使用してサービスを停止します。

sudo システムctl ヘルプワールドを停止します。

ブート時にサービスを開始するには、以下のようにします。

sudo システム ctl を有効にします。

2 thoughts on “ バックグラウンドサービスとしてラズベリーパイでPythonを実行する

  1. Thank you for this article. It helped me to complete an MQTT project I was working on. Your guidance was clear and concise. Everything worked first time.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.